会社で辛い事があったことで前に進む勇気がでました。

古い体制の会社です

私が働いている会社は、男尊女卑がいまだある古い体制の会社です。

女性が妊娠しても「いつで辞めるの?」と平気でいう会社です。

完全な男性社会です。

経営陣にも昇格を目指したいことなども使えました。

経営陣の一人から、頑張ればそのうち叶える事ができるからなどアドバイスがあり、自分ができることは率先していろんなことにも取り組んで形に残す努力もしてきました。

 

 

しかし、所詮「女」としかみられいませんでした。

ボーナスの査定も、だた仕事をこなしている人と同じ査定でした。

それを知ったときは、悔しくて悔しくて涙が止まりませんでした。

 

その時、このままこの会社で力を注いでも無駄なことだを悟りました。

 

このままではいけない。

 

私に何ができる?

 

今更、副業でアルバイト的な仕事をもう一つ持つにも限界がある。

それよりも、自分自身に価値を持たせその世界で生きていきたい。

 

定年は60歳。

70歳まで延長しても60歳で一旦雇用形態が変わります。

ここの会社で身を粉にして働いて期限が13年。

それなら、60歳からの人生が楽しめるように今から別の事に力を注いだ方が未来が変わることにも気づかされました。

 

あの時、ちっぽけな昇格を手にしていたら、この気づきはなかったと思います。

気づけは60歳。

定年退職したときに何もできな自分が待っていたかと思うとぞっとします。

 

挑戦する勇気

自分の力を信じで何かにトライしたい気持ちはいつも持っていましたが自信がなく、そのうち、そのうちといつも思うだけ。

 

きっと神様が背中を押してくれたんだと思います。

会社で、辛い出来事がなかったら私は前に進むことはできなかったと思います。

 

今、いろんなことに挑戦しています。

 

この家計簿のブログもその一つです。

私に何ができるのかは、まだ見つけることはできていません。

でも、なにもせずに、ただ頭の中で考えるだけでなく行動に移していきたいと思っています。

自分の力を信じて前に進んで行きます。





最後までご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑
ポチっと押してくれるとランキングに反映されます。
日々の励みになります。
よろしくお願いします_(._.)_

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA